プロフィール

リゴレットパラパラ

Author:リゴレットパラパラ
3人の子供+トイプー♂に囲まれながら、毎日慌しい(?)主婦兼ピアノレスナーです♪
★ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)指導者会員
★バスティン研究会会員
★某カルチャーセンター講師
★熊本県新人演奏会出演
日々のレッスンでの出来事や、バスティンピアノ指導法について書き綴っていくつもりです。
どうぞよろしくお願いします。
熊本市東部方面でピアノ教室主宰。
3歳から70歳の生徒さん在籍中です。
5月より週末は葦北町でもレッスンしてます。

ただ今少し空きがあり、生徒さん募集中です!
お気軽にメールフォームよりご連絡くださいませ。
ブログランキングに参加しています。
ポチッ↓とお願いします。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.-- --  --:-- テーマ: - ジャンル:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

レッスン用シール作り

2008.01.27 Sun  22:56 テーマ: - ジャンル:ブログ
最近レッスンに使う  シールつくりに凝っています

20080127212902.jpgPHOTO008.jpg


↑は5指だけで弾ける全調のポジション鍵盤シールと、白鍵と黒鍵が一目でわかるポジションシールです。

ピアノパーティーにおいてのプレリーディングは、指のエアロビというくらい指を育てるには大事なもの



でも・・・全調色々な調で弾くことが好きな子とすごく負担になる子もいます。

そこで・・・

子供達が少しでも楽しく、弾くことが出来るようにとこのシールを作りました。

20080127212958.jpg
これはパーティーの曲を弾くとき、勿論プレリーディングを弾くときに貼らせようと思っている

ひびきをきこう と リズムをたたこう のシールです。

シールを貼ることで、少しでも子供達が自分で自覚しながら練習できるようにと、毎回楽譜に書き込むのに時間がかかるので作りました。

さあ、明日のパーティーABのちびっ子たちに気に入ってもらえるかな・・・


スポンサーサイト

レッスンにならない子のその後・・と講座について

2008.01.27 Sun  22:28 テーマ: - ジャンル:ブログ
皆さん、こんにちわ

先日のレッスンにならない子についてでは、様々なご意見やアドバイス・有難うございました。

私もこのブログで、発散できたので次の週のレッスンでは私なりに・・・心に余裕を持ち接することが出来ました。

それにお母さまに一言、
「お兄ちゃんのレッスンでは、お兄ちゃんが○子ちゃんが騒いだりすると集中出来なくなるみたいなので、レッスンが終わってからお迎えに来ていただいてよろしいでしょうか」とお願いしました。

お母さまも自覚なさっていたようで
「そろそろ○○(お兄ちゃんの名前)も慣れてきたので、そういう風にしようと思っていました」とのお返事

私も正直ホッ  としてレッスンに集中できるようになり
○子ちゃんのレッスンでも、心に余裕のあるレッスンが出来るようになりました。

すると・・こちらが余裕持って接すると子供の気持ちも安定して、以前よりも落ち着いてレッスンを受けられるようになり、やはり教えるこちら側の気持ちの余裕も大切なんだなと実感しました。

決してレッスン中はイライラした様子は心に秘めて、見せないようにして笑顔で接してたつもりでしたが 気持ちに余裕が無かったことは確かです。

まだまだ・・・前途多難であると思いますが、皆さんのご意見を参考に頑張りますね



さて、先週は思いっきり大忙しの毎日でした。

講座も予定されていたし・・バ○ティン研究会で頼まれていたレッスングッズも作られければならず・・寝不足の毎日

しかし、講座があると又刺激になりやる気もアップでとてもよい勉強になりました。

講座内容は、國谷先生の弾く子は育つ!バスティンメソードの魅力だったと思います。

時折、ジョークを交えながらのトーク&演奏で、ピアノ奏法の歴史・ピアノの構造の歴史から音楽の歴史・和声の重要性などを本当に分かりやすく教えてくださり2時間では時間の足りないほどでした。

それに最後に弾いてくださった「亜麻色の髪の乙女」の演奏の素晴らしさ。。

皆で先生の音色にうっとりしながら、その日の講座は幕を閉じました。

久しぶりに実のある一日でした。



レッスンにならない子について

2008.01.13 Sun  17:44 テーマ: - ジャンル:ブログ
生徒さんの中には、どうしてもこちらの思いが通じない事もありますね

まだ4歳の年小さんの○ちゃん。この子には3歳から月2回で教えているのですが、なかなか30分持たないし、機嫌が悪いとピアノに座るも何も・・・

お部屋から出て行ってしまう

今までも、集中力がなくて弾きたくないときは私に本を投げる有様。。。。。
これにはお手上げで、お母さまにも

「もう少し落ち着いて、年中さんからでもはじめられたらいかがですか」

と言いましたが
「レッスンにならなくても先生に会うことで刺激になりますので、是非続けたい」
とのこと。

あ~正直言って機嫌ばかりとってばかりのレッスンも、長く続けるわけにはいかないし


困ったものです。

でも先日は、お兄ちゃんのレッスンで待っている間・・・・・

レッスン室の本を破ったのには、ほとほと参りましたがお母さんも厳しく叱る様子でもありません。

これにはさすがに私もムカムカ 

いくら小さいからといって、やって良い事と悪い事がありますが

今のお母サンたちって、若いのにとてもきちんと躾なさっている方もいますが
小さいから仕方ないと怒らない方も増えているのでしょうか・・・・・。

とても憂鬱 

今日は愚痴ばかりになってしまいました





パーティーBのレッスン♪

2008.01.12 Sat  21:35 テーマ: - ジャンル:ブログ
先日の恐怖の  室内楽のリハーサルから数日経ち、今年のレッスンのあり方を考えた後・・・
月曜日から通常のレッスン開始でした。

月曜日は年中さんが多く、まだパーティーAから始めて1年未満の生徒ちゃんたちです。この日はパーティーが5人続く日で、45分の個人レッスンでは私もかなりハードです。

はじめた時期や、子供達の成長によって様々ですが子供のよってはパーティーBに入ってから進みが遅くなる子もいて・・・いかにパーティーAが大事な入り口かということを実感しています。

その中でもMちゃんは年中さんで、初めて1年ほどですが↓のゆびつみきでも1分間に20回プレリーディングでのぶんぶんぶんをすらすらと全調で弾けるような生徒ちゃんです。

最近はパーティーBのユニット4くらいで、せんかんのフラッシュカードもすらすら読めるようになりました
magunettto.jpg

あと少し、おゆびを点にして弾く!とか手首が下がらないように支えられるともっと良い音が奏でられるようになりそうです


yubitumiki.jpg


しかし、パーティーAでは難なく進んできたのに、ステップ2度スキップ3度の上がる下がるが複雑になってきて、指番号がだんだん楽譜から消えていくと・・・
鍵盤を見ないと安心で出来ず ・曲の進みも停滞気味になる生徒ちゃんも出てくるので
ABCの音は理解できていても、鍵盤上で結びつくことに時間をかけてあげなければいけない生徒ちゃんもいるということ。

課題は沢山ありますが、こちらがあきらめてはダメ なんですよね。
今年も指導法を学びながら、私も成長したいと思います。

*先日の室内楽リハーサルでトップバッターで、まだ曲が出来ていなかったYちゃんは・・・・
今週のレッスンではびっくりするほど弾きこんできて先日の緊迫したリハーサルが彼女にとても良い刺激を与えてくれたようです

やはりたまには緊張感もすご~く大事な事なのですね


恐怖!?のリハーサル

2008.01.07 Mon  10:04 テーマ: - ジャンル:ブログ
とうとう終わりました・・・・・

室内楽のリハーサル(ーー;)

一言で 疲れました

私は6人の生徒さんのリハーサルでしたので約1時間15分

最初のトップバッターの生徒さんが、前回まだまだ音取り状態  のYちゃんだったので私がドキドキハラハラ  で正直逃げ出したいくらい。。。

でも2週間で音取りして、その間1週間は旅行  に行ってたらしく仕方がありません。

やはりやっと弾いた状態だったので、ついていくのがやっと

とても楽器の音など聴けません。でも、どうにか音楽の流れを止めないでという私の教えを守って必死に弾いています。

正直、私は。。。まだ練習が~なんて言い訳したい  でも指導者の私の責任)背中に冷や汗。。。。。。。。。。早く帰りたい~心のつぶやき
(私はなんて指導者なんだ。。反省)

Yちゃんがミスタッチするたびに横に座っていた私はドキドキ・・・・・・・・  
この子にはまだ無理をさせたかな・・これで自身を失ってピアノを弾くのが嫌になったら}などど室内楽を是非体験・経験させたいと判断した私は間違っていたのか

滅多に無い審査委員なども経験されてるレベルの先生方からの

感謝すべき有難がたい・正直な辛口アドバイス

に、私自身がショックを受けながらも  
生徒さんのためにも、私自身のためにも現実をさらけ出して・受け入れて前向きに  指導していかなくてはと実感しました。

一人一人がトリオ15分、デュオ10分という短い持ち時間であったけれども大変充実した中身の濃い時間であったように思います。

何せ生徒さんたちも、私の生徒さんは年長さんから5年生までで1年生も2人居て、小さい生徒さんが多かったし、他の先生方や審査員レベルの先生方もいらしての公開レッスンという感じでしたので、緊迫した空気の中で、緊張で体も硬くなり力も入っていて、勿論出す音も硬くなって、柔軟性がほとんど無い演奏でしたが

こういう中でよくがんばったな~

子供達がこのリハーサルで学んだことは大きいと思いますので、是非これからの演奏につなげていけたらどんなに素晴らしいことでしょう。

リハーサルが終わった当日は、自分のあまりの指導のなさにショックを受けて落ち込みましたが、こういう経験をしてこそ、今の自分を高めるチャンスだと思ってがんばります

 でも 室内楽の奥深さ やピアノの終わることにない表現や可能性にますます難しさとやりがいを感じたリゴレットでした。

♪室内楽リハーサル♪

2008.01.05 Sat  14:02 テーマ: - ジャンル:ブログ
piano005.gif昨日から、今日のリハーサルに向けてレッスンしたのですが・・・・

一人トリオのメヌエットを弾くYちゃんの仕上がりが間に合いそうにありません。
勿論、冬休みお正月と挟んでのリハなので


無理もありませんが(^_^;)


昨日は後の生徒さんも来なかったので1時間ほどレッスンしましたが、音がやっと取れた状態でとても止まらないで弾き続けるなんて、できるのだろうか。

本人も一生懸命なのですが、正直私が泣きたいくらい

本番はあと1ヶ月だし、本番前のリハもありますが室内楽・・・・・・・・
とても奥深くて、自分の演奏で精一杯の所チェロやヴァイオリンの音色まで聴きながらというのは相当な練習と訓練が必要なんだと改めて思いました。

ただ楽しく楽器とアンサンブルしましょうの考えでは本当に甘かったと反省しました。

あ~あ今回は審査員レベルの室内楽研究会の大御所の先生方にも、アドバイス頂きながらのリハーサル

何と言われるか怖いです(ー_ー)!!

でも指導者として逃げてばかりはいられません。(こういう事も乗り越えていかなくちゃ
頑張って行ってきます。

又今夜リハーサルのことはアップします

明けましておめでとうございます♪

2008.01.01 Tue  01:11 テーマ: - ジャンル:ブログ
bd_kimono3.gif 皆様明けまして
おめでとうございます


今年もいよいよ幕開けしましたね

まあ新年早々ブログを書いている私どうかと・・思いますが。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は2月に子供のための室内楽ファーストコンサートが行われます。
なので、4日から補講レッスン~

私も大変ですが、お母様も生徒さんも年始早々で大変だと思います。

気合入れてしっかりとレッスンしますからね

昨年12月は特に忙しく・・12月はほとんど土日が無かったですね

ある日は午前中大人のレッスン生だけのクリスマスコンサート(いわゆる発表会3人の仲良し先生仲間との合同)で午後からは友人の先生のクリスマスコンサートの司会

次の週はピアノのコンクール2人しか出なかったけど、年齢も違って審査の時間も違ったので結局一日つぶれました

そしてそして次の週の土曜日は妹の結婚式
kettkon.jpg
それからそれから、日曜日の午前中は某センターでのクリスマスおさらい会午後からは自宅での教室おさらい会1部と2部に分けて

結局その日は、3回おさらい会をやったことにおまけにバイオリンやフルートの先生方をお呼びしての自宅でのコンサートでしたので、前の日からレンタルでパイプいすを借りて並べたりと

ちょう~ハード


終わったあとは本当に疲れまくり夜は不眠になるほど・・・・・・

今考えても激動の12月でした。

まあ今年はあまり無理をせずに、自分のできる範囲で頑張りたいと思います。
 | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。